MMS
 大陸建設株式会社
三菱モービルマッピングシステム
「MMS」
 Home お問い合わせ 
       

〜〜〜車で走行しながら3D計測〜〜〜
計測時間を大幅に短縮

☆計測 
搭載機械  MMS-Xv320ZLB5
Z+F社製レーザースキャナー搭載(S-2100)全方位カメラ

平たん性・IRI測定変位計搭載
 機械の特徴 ・路面形状・建物・標識・ガードレール・路面表示・マンホール等の道路周辺の3次元位置情報を  高精度で効率的に取得。


 測定のご依頼について
  測定をご依頼される方は、下記まで電話又は、こちらまでご連絡をお願い致します。 
本 社  TEL 0154-65-1000  FAX 0154-65-1001  

出力資料
 ・路面計測資料
 ・平坦性・IRIデータ
 ・高精度オルソ画像
 ・MMS-Viewer(全周囲カメラ)
 ・3D点群

☆仕様
   IMU(慣性計測装置 Inertial Measurement Unit)

 2周波GPS1台
    (1級GPS GPS衛星から搬送波L1帯L2帯を受信)
 1周波GPS2台
    (2級GPS GPS衛星から搬送波L1帯のみ受信)
 カメラ3台(10枚/秒、500万画素)
 標準レーザ2台(27,100点/秒)
 オドメトリ(分解能0.64mm)

MMS車両仕様
 車種 : RAV4
 測定条件 : 乾燥路面
 計測速度 : 最高80Km/h
 搭載PC  : 2台
 記憶媒体 : SSD500GB×3
 絶対精度 : 10cm以内
 相対精度 : 高精度レーザ3mm以内 






☆参考
高精度ZFレーザー  90°モード 60°モード
90°モードが有効な場合
  断面、微細な凹凸を計測する場合
  トンネル・路面性状計測 
60°モードが有効な場合
 全体の状況を把握したい場合
 道路台帳目的など 
高精度ZFレーザーのデータを使用し 
 3D点群の解析処理を行った結果



カメラ・点群 MMS-Viewer
取得したデータを使用して走行画像・走行ルート・カラー点群の閲覧。






平たん性・IRI測定
平坦性・IRI測定変位計

 方法 : 3点同時測定方式
 計測範囲 : 車体左側線(OWP)
 計測間隔 : 500Hz
 計測精度 : ±30%以内
       プロファイルメータの計測値に対して
 計測速度 : 0〜80km/h 
路面性状測定装置性能確認試験  

出典元:一般財団法人土木研究センター

   



戻る