測量課
 大陸建設株式会社
情 報 化 施 工  Home お問い合わせ 
       
☆TSを用いた出来形管理
情報化施工技術の一つであり、従来利用されている巻尺・レベルに代わって
施工管理データを搭載したトータルステーション(TS)を利用した出来形管理方法です。
 TSの利用により3次元の座標値を計測することで瞬時に設計値との比較ができるようになり
  施工管理・監督検査に計測した施工管理データを用いることが可能となります。

 主なメリットとして以下の内容が期待できます。
  ■ 計測作業の効率化(従来比約半減)
  ■ 帳票作成の効率化(データより自動作成し転記ミスも防げます)
  ■ 計測と同時に設計値との比較が出来る為出来形不足を迅速に発見
  ■ 検査の効率化
★TS出来形管理の作業の流れ
☆3次元マシンコントロールシステム3D-MC (NETIS登録番号KT-990421-V)
施工機械に搭載したコンピュータに、3次元設計データを記録し、自動追尾式トータルステーション(TS)により測定された
機械位置データにて、マシンコントロール(MC)をし作業装置の高さを制御するシステムを用い、路盤作業・出来形の測定を行う。
・トンネル施工時 ・TSによる高さ確認
・トンネル工事におけるコンクリート均し機械の走行レールの調整 
 コンクリート均し機械の走行レールの設置に伴う高さの調整を情報化施工TSにより行い平坦性等の向上を図る。
 
戻る