測量課
 大陸建設株式会社
基 本 測 量  Home お問い合わせ 
       
☆GPS測量
・スタティック法
 GPSのアンテナを三脚に固定して長時間測定する方法です。
 標準の場合、取得間隔30秒で1時間。
 短縮の場合、取得間隔15秒で20分。(但し、5個以上取得)
・VRS-RTK
 国土地理院提供による、電子基準点の24時間リアルタイム観測データを利用することにより
 観測データの誤差(自然条件や衛星軌道などにより生じるもの)を補正し、高精度な位置情報を取得する手法です。
 観測者は単独で現在の位置を計測し、これをVRSデータセンターへ携帯電話を用いて送信する。
 VRSデータセンターでは、これを元に観測者の近くに見えない"仮想基準点"を設置する。
 この仮想基準点を設置すれば、観測者は次に移動局として単独で計測を行っていく事ができます。
☆基準点測量
トータルステーション(TS)による対回測定により基準点を設置します。
基準点の計算には福井コンピュータ鰍フ
新測量計算CADシステム「BLUETREND XA(エグザ)」を
使用しています。 
☆水準測量
電子レベルを用いた高精度の測定を行います。
※ライカ製電子レベルを使用

☆横断測量・中心点測量
トータルステーション(TS)による測定を行います。
中心点測量(トンネル工事の測定状況)

☆区画線調査・クラック調査

戻る